自宅でできるPMS解消 ~食事編~

PMS(月経前症候群)解消には自分でできる対処法があります!

PMS(月経前症候群)とは、 生理の約2週間前から起こるココロとカラダのトラブルの総称です。PMSは、排卵のある女性だけに起こるものなので、 PMSであるということは健康な女性であるということの証でもあるのです。

▼MENU

自宅でできるPMS解消 ~食事編~

《どんな食生活だと症状が重くなるの?
やっぱりバランスの取れた食生活が大事》
 
『イライラ、怒りやすさ、乳房のはり』といった、
PMSの症状が重い人と軽い人の間で食生活を比べた調査があります。

結果、栄養バランスを考えていて、
食事の時に【主食】【主菜】【副菜】を食べる食生活をしている人では、
月経前のイライラが少ないという結果が出ました。

最近では『炭水化物ダイエット』など、
炭水化物を極端に制限するダイエット法もありますが、
炭水化物もPMSを緩和して、精神的な安定に役立つという報告も
ありますので偏ったダイエットもほどほどに・・・

PMSの症状の緩和には【ビタミン】【ミネラル】の
摂取が効果的といわれています。



バランスの良い食生活だとこういった成分も摂りやすいですよね。

まず、PMSの改善はバランスの良い食生活から!ですね。



《食事の回数も関係あり!? 少量の食事を頻回に!!》



「月経前は、なぜか異様に食欲がアップしちゃう・・・」という方、
意外といらっしゃいますよね。



月経前は、ホルモンバランスの急激な変化に体が対応できなくなるからとか、
食欲抑制作用のあるセロトニンが減るからとか色々な説がありますが、とにかく、
食欲の異様な亢進を防ぐためには『血糖値をできる限り一定に保つこと』が大事です!

具体的には1回の食事量を減らして、食事回数を5~6回に増やしてみましょう。



【お芋】や【精製していない玄米】【おそば】【全粒粉パン】などかオススメ。



逆に【白砂糖】や【甘いジュース】などは、すぐに血糖値を上げますが、
その後すぐに低下させてしまって、かえって疲労感や憂鬱を引き起こしてしまうのでNGです。

どうしても甘いものが食べたくなったら、血糖値の変動の幅が少ない果物などにしましょうね。

ただし、食事回数を増やしても全体のカロリーは増やさないように気をつけて下さい。


~チェストベリーなど9種のハーブと月見草オイル、亜麻仁油を1粒に厳選配合~ 
★『憂鬱で絶望的な気分がウソのよう!』 『ルナベリーのおかげで毎日が快適に♪』   
    『女性特有のイライラが楽になりました!』★   
☆毎月のモヤモヤに悩んでいた全国の女性たちから反響が続々☆
   有用成分をふんだんに配合!「有用性」と「安全性」の両立を実現しました。~        ↓

小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! 不妊治療の基礎知識~不妊症解消に向けて~
セックスレスの原因・改善・解消法! 肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因


  • SEOブログパーツ