PMS(月経前症候群)だったら・・・

PMS(月経前症候群)解消には自分でできる対処法があります!

PMS(月経前症候群)とは、 生理の約2週間前から起こるココロとカラダのトラブルの総称です。PMSは、排卵のある女性だけに起こるものなので、 PMSであるということは健康な女性であるということの証でもあるのです。

▼MENU

PMS(月経前症候群)だったら・・・

《その1 》
 
まず、自分がPMSであることに気付くことが1番の対処法。
 
PMSを自己管理するには、まず自身が認識すること。
 
また、健康な女性なら誰にでも起こりうるものだと
ポジティブにとらえることが必要。
 
《その2 》
 
その為に、記録をつける。
 
症状を把握すると、対処しやすくなるので。
 
《その3 》
 
食生活を見直す。
 
栄養のバランスが偏った食事は、PMSの症状が重くなります。
 
バランスを考えて多くの食品を組み合わせて食べることが大事。
また生理前に必要な栄養を、意識的にとることでもPMSを軽減できます。
 
具体的には、【まめ】【緑黄色野菜】【海藻類】【植物油脂】
【種実類】【玄米】【そば】などの精製していない穀類など。

逆に重くするのは、【砂糖】【塩分】【カフェイン(コーヒー・紅茶・
日本茶・チョコレート)】【アルコール】【添加物】
【漂白した小麦粉とその加工品(パン・ケーキ・パスタ)】など。
 
欧米では、PMSの人はPMSでない人と比べる体内の
リノレン酸の量が少ないことが報告されている。
 
特に生理前の約2週間の間に、γ-リノレン酸を
積極的に補うことがすすめられています。

リノレン酸は、【月見草などの種子油】や
【ヒトの母乳】【昆布】などの海藻類にも若干含まれています。

また【ビタミンB6】を多くとることが、
PMSの緩和に役立つと報告されています。
 
【ビタミンB6】を多く含む食べ物としては、
【豚肉】【大豆】【にんにくの茎】【小麦胚芽】
【玄米】【いわし】【かつお】【さば】などですね。
 
《その4 》
 
適度にカラダを動かす。
 
《その5 》
 
ストレスを避ける。
 
・・・PMSを悪化させる最大の原因は、ストレスだそうです。
 
まあ、これは良くわかりますよね。。。
 
まず、何が自分のストレスになっているか、よく認識して、
ストレスを溜め込まないように自分で自分をコントロールしましょうね。
 
 
PMSによって、生産力がなんと、3~8%低下するというお話もあります。
 
PMSかもしれないと思ったらまず記録をつけてみて、
自分にあてはまるかどうかちょっと調べてみましょう。


~チェストベリーなど9種のハーブと月見草オイル、亜麻仁油を1粒に厳選配合~ 
★『憂鬱で絶望的な気分がウソのよう!』 『ルナベリーのおかげで毎日が快適に♪』   
    『女性特有のイライラが楽になりました!』★   
☆毎月のモヤモヤに悩んでいた全国の女性たちから反響が続々☆
   有用成分をふんだんに配合!「有用性」と「安全性」の両立を実現しました。~        ↓

小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! 不妊治療の基礎知識~不妊症解消に向けて~
セックスレスの原因・改善・解消法! 肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因


  • SEOブログパーツ